今日は何の日?何の記念日? 何気ない一日も、こんな記念日が付いているんだと考えるとちょっとワクワクしませんか。
「こんな日みつけた」では、365日色々な記念日の紹介をしています。中には制定団体自体がもうなくなって、名前だけが一人歩きしているものも。周りのみんなが知らないとっておきの一日を見つけてください。
イメージ
1924年の今日、日本で初めてとなる公営バスが運行開始しました。最大11人乗りのこのバスは「円太郎」と呼ばれ、東京駅と渋谷駅、巣鴨駅と東京駅を結ぶ2系統で運行されていたそうです。当時の乗合バスでは車掌に若い女性が起用されることが多く、制服のエリの色から白襟嬢、赤襟嬢と呼ばれ人気を集めていました。
1月17日は防災とボランティアの日

阪神・淡路大震災が起こったこの日。あの地震を教訓に、災害時のボランティア活動や自分で...

1月19日はのど自慢の日

1946年に開始され、実に半世紀以上も続いている長寿番組「のど自慢素人音楽会」。現在は「N...

イメージ
節分と言えば豆まきですが、この風習はもともと中国にあった悪霊払いの行事が平安時代に日本に伝わり、宮中行事として行われていたものが後に一般にも広まった、という歴史があります。季節の変わり目は邪気や鬼が現れやすいとされ、それらを払う意味で一年で最初に訪れる季節の変わり目の節分に、豆まきをするようになったそうです。

第2回 「消費税がアップするのはいつも4月1日」

消費税が8%にアップするのは2014年4月1日です。エイプリルフールなので嘘であってほしいという人もたくさんいるのでは。
ちなみに初めて消費税が施工されたのは1989年。このときも4月1日でした。そしてその8年後のこれまた4月1日に消費税が5%に引き上げられています。
なぜいつも4月1日なのかというと、この日は日本において会計年度(収支を整理するためのひとつの区切り)の初日だから。消費税に限らず色々な制度がこの日に誕生したり変更されたりするのです。

コラム
今日は何の日?今まで知らなかった素敵な日を見つけましょう! 自分の誕生日を調べてみるのもいいですね。
appvip