今日は何の日?何の記念日? 何気ない一日も、こんな記念日が付いているんだと考えるとちょっとワクワクしませんか。
「こんな日みつけた」では、365日色々な記念日の紹介をしています。中には制定団体自体がもうなくなって、名前だけが一人歩きしているものも。周りのみんなが知らないとっておきの一日を見つけてください。
イメージ
暑中見舞いとして手紙を出せる時期は梅雨明けから立秋(8月8日)の間にあたり、これ以降は「残暑見舞い」として扱われます。また、暑中見舞いは手紙だけでなく、この時期に直接相手の家を訪問した場合も「暑中見舞い」と表現されます。ちなみに、冬バージョンの寒中見舞いは小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までを指します。
6月14日は手羽先記念日

ピリっと辛くてちょっと甘い、鳥の手羽先。今でこそポピュラーですが、歴史は実は浅め。196...

6月16日は和菓子の日

お茶の席で用いられる日本の伝統、和菓子。緻密で上品で細やかな細工は、食べるのがもった...

イメージ
母の日のように、父親にも感謝する日がほしい!との思いから制定された父の日。日本では6月の第3週とされています。母の日に贈る代表的な花はカーネーションですが、父の日はバラ。とはいえ、母の日のように父の日のプレゼントも非常に多様化されており、ネクタイやベルト、お酒などを贈る人が多いようですね。これと言った決まりはなく、感謝を伝える日なので喜んでもらうことが一番大切です。

第2回 「消費税がアップするのはいつも4月1日」

消費税が8%にアップするのは2014年4月1日です。エイプリルフールなので嘘であってほしいという人もたくさんいるのでは。
ちなみに初めて消費税が施工されたのは1989年。このときも4月1日でした。そしてその8年後のこれまた4月1日に消費税が5%に引き上げられています。
なぜいつも4月1日なのかというと、この日は日本において会計年度(収支を整理するためのひとつの区切り)の初日だから。消費税に限らず色々な制度がこの日に誕生したり変更されたりするのです。

コラム
今日は何の日?今まで知らなかった素敵な日を見つけましょう! 自分の誕生日を調べてみるのもいいですね。
appvip