今日は何の日?何の記念日? 何気ない一日も、こんな記念日が付いているんだと考えるとちょっとワクワクしませんか。
「こんな日みつけた」では、365日色々な記念日の紹介をしています。中には制定団体自体がもうなくなって、名前だけが一人歩きしているものも。周りのみんなが知らないとっておきの一日を見つけてください。
イメージ
女の子が大学の卒業式での定番のスタイルといえば「袴」ですよね。今では女性と服としておなじみとなった袴ですが、もともとは男性がはくものでした。女子学生の袴スタイルが世間に受け入れられはじめたのは明治31年に創立された実践女学院が制服として取り入れた事から始まったと言われています。男女平等はこんなところから始まったのかもしれませんね。
8月15日は終戦記念日

1945年この日、昭和天皇がラジオ放送で終戦の詔書を読み上げ、戦争の終結が国民に知らされ...

8月17日はパイナップルの日

「酢豚にパイナップル」ありかなしか。これはしばしば熱く語られる議題です。
とこ...

イメージ
発端は兵庫県にあるとある村。当時の村長が「としよりの日」を作り敬老会を開いていたところ、兵庫県全体に伝わり、最終的に日本全土まで広まったという日本独自の祝日です。プレゼントを贈る風習もありますが、特に何でなくてはならないなど決まりはありません。趣味・嗜好のものや食べ物、健康を考えたプレゼントをあげる方が多いようですね。

第2回 「消費税がアップするのはいつも4月1日」

消費税が8%にアップするのは2014年4月1日です。エイプリルフールなので嘘であってほしいという人もたくさんいるのでは。
ちなみに初めて消費税が施工されたのは1989年。このときも4月1日でした。そしてその8年後のこれまた4月1日に消費税が5%に引き上げられています。
なぜいつも4月1日なのかというと、この日は日本において会計年度(収支を整理するためのひとつの区切り)の初日だから。消費税に限らず色々な制度がこの日に誕生したり変更されたりするのです。

コラム
今日は何の日?今まで知らなかった素敵な日を見つけましょう! 自分の誕生日を調べてみるのもいいですね。
appvip