HOME > 10月 > 津軽弁の日

10月23日は津軽弁の日

イメージ
由来 詩人・高木恭造の命日
目的 -
制定年 1988
制定団体 津軽弁の日やるべし会

なもかもうるめ 津軽弁があんずまし
青森が誇る方言詩人・高木恭造さんの命日が今日10月23日。それにあやかり「津軽弁の日やるべし会」が、毎年この日を津軽弁の日として津軽弁をテーマとしたイベントを開催しています。さて、日本で一番難しいと囁かれる津軽弁、みなさんはどれくらい理解できますか?津軽弁を語るときによく引き合いに出される、「どさ」「ゆさ」。実はこの四文字で二者間の会話を表しており、「どこに行くの?」「お風呂に行ってくるよ」という意訳になります。また「もぐ一本け」で「タバコ一本ちょうだい」となるように、「け」という一文字で頂戴・どうぞ・食べてください・かゆい・お粥と多数の意味をあらわしたり、「あっつぁ~たんだでねえな」(あらまー、大変ですねぇ)と感嘆の言葉も独特であるのに、なぜか耳に心地良い津軽弁。興味のある方はぜひ津軽弁の日イベントで、津軽弁を堪能してください。
10月22日は絹婚記念日

結婚記念日と言えば25周年を表す銀婚式と50周年の金婚式が有名ですが、この絹婚式のように...

10月24日は国連デー

1945年の今日、国際連合が発足しました。当初の加盟国は51ヵ国、現在では192ヵ国が加盟する...

「津軽弁の日」についての画像

「津軽弁の日」が誕生日の方々(誰でも登録できます)

誕生日のひとびと登録用画像
facebookにログインして登録 / 削除

10月23日の記念日

  • 津軽弁の日
今日は何の日?今まで知らなかった素敵な日を見つけましょう! 自分の誕生日を調べてみるのもいいですね。